Posts Tagged ‘窓’

夏は涼しく、冬暖かい家

土曜日, 8月 5th, 2017

家造りを行うほとんどの人が住宅に「夏は涼しく、冬暖かい家」ということを希望するのではないでしょうか。これを実現し、冷暖房に頼ることなくエコな暮らしを送りたいものです。人が快適だと感じる気温は、20~25℃、湿度は40~60%の間と言われています。この条件に加え、心地よい風や物が発する熱エネルギーである放射熱という要素が結びついた体感温度が快適さを決めるポイントとなってくるのです。

体感温度を快適に保つ方法は様々ですが、例えば、風の通り抜けやすい間取りにすることで夏を涼しくしたり、家の中に寒さをいれず熱をのがさないための技術である気密や断熱にこだわることで冬の暖かさを実現していくのです。中でも断熱には、構造部分を断熱材でくるむ外張り断熱と壁の中の断熱材を詰める充填断熱があり、施工方法も様々です。

また、断熱材の種類も多くあるため、何が最も適しているかということは施工業者と話し合いながら決めていくことが必要です。建物自体の断熱性も重要ですが、熱の出入り口で一番大きな窓の気密・断熱性も重要となってきます。冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓58%です。夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。

この数字を見ると窓の気密性や断熱性が重要であることが一目瞭然です。「夏は涼しく、冬暖かい家」ということは基本的なことでもあるだけに、まずはしっかりとこの目標を達成できる住まいにしたいものです。

住宅に欠かせない窓

月曜日, 7月 11th, 2016

住宅において窓の存在は欠かせません。住宅の気密性が高まる中、換気対策の十分に行う必要があります。気密性にも換気をするためにも窓の存在は大きいのです。私は現在戸建ての賃貸住宅に住んでいますが、冬場の窓の結露がすごくて毎朝手入れをするのが大変です。床は水でびしょびしょになり、カーテンにカビが生え衛生的にも良くありません。なので新築を建てる際には結露対策された窓を設置しようと思っています。

ガラスは一枚ガラスではなく複層ガラスやシンクガラスにすることで結露を防止できます。そしてこれらを使用することで断熱効果も高まります。窓ガラスだけでなくサッシにも気をつけておくべきです。窓は泥棒の侵入経路の一つになる場合があります。防犯性の高い窓にしておく必要があります。強化ガラスを使用したり、窓も2重ロックにして安全に暮らせる環境を整えておくことも大切なことです。

部屋の雰囲気や外の外観にも大きく影響してくる窓の存在。サッシの存在も大変大きなものです。最近では木製サッシも普及してきました。木製サッシはオシャレでデザイン性の高さが伺えます。またフレームレスの窓もあります。部屋をスッキリさせ外の眺めがより楽しめる窓だと思います。各部屋の用途に合わせて窓を選別するのもいいと思います。窓は採光・採風に欠かせない存在なのでいかに上手に取り入れ部屋の印象を変えるかは住宅のポイントになってきます。設置する位置やサイズにもこだわり設置することで快適性や安全性が格段に変わってくることでしょう。生活のしやすい家にするには窓の存在は重要なのです。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅の話。. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes