Posts Tagged ‘税金’

住宅にかかる税金

土曜日, 8月 6th, 2011

注文住宅などを購入するときには住宅を購入するのに必要なお金のことだけを考えがちになりますが、住宅を購入した時や後にかかってくる税金などのことも考えておかなければいけません。
工務店の集客チラシなどを見ても、あまり税金のことが書かれていることは少ないでしょう。
住宅を建てるためには建築請負契約をすることになりますがその契約書には、収入印紙を貼らなければいけません。
収入印紙の額は建築請負契約書に記載されている金額によって変わってきます。
500万円を超えていて1000万円以下なら1万円で1000万円を超えていて5000万円以下なら2万円になります。
これは建築請負契約書だけではなく契約書であれば必要になるので覚えておきましょう。
登記手数料や登録免許税も必要になります。
登記手数料は司法書士に仕事をしてもらったときに払うことになるので、払いたくないのであれば自分で手続をするといった方法もあります。
登録免許税は登記の時に必要になる税金です。
住宅を建てた後に必要になるのが固定資産税や都市計画税です。
これは毎年1月1日に土地や建物などの不動産を所有している場合に課せられることになる税金です。
税金以外にも住宅を定期的に修繕するためのお金も必要になります。
住宅は定期的に修繕をしないと長持ちしません。
そのため、貯金をして修繕に備えなければいけないのです。
友人が注文住宅を建てたのですが、住宅を修繕するためのお金を毎月貯金しているそうです。
またキッチンが2つあって1つが公団流し台なのでそれも取り換えたいと言っていました。
住宅を購入した後にも多くのお金がかかります。
住宅ローンの返済だけを考えるのではなく、これらのお金のこともしっかりと考えていくようにするのがいいでしょう。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅の話。. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes