Posts Tagged ‘洗面室’

1坪洗面室

金曜日, 8月 19th, 2016

我が家の新居の洗面室の広さは1坪です。今までは洗面室の一般的な広さは1坪でした。しかし最近では洗面室が重要視され、1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが多くなってきました。我が家も実際は1坪以上の洗面室にしたかったのですが、LDKを重要視したことで洗面室は1坪しか確保できなかったのです。1坪と言う限られた空間でも工夫して空間を有効利用することで、実際に生活してみると1坪でも十分だと感じることの方が多いです。

まず洗面室の扉を引き戸にしてデッドスペースを生まないようにしました。そして洗面室に設ける窓は、洗面台と洗濯機を設置している壁の天井近くに横長の窓を設置したのです。ここに窓を設置することで、洗濯機の上部を有効的に使えるのです。通常は洗濯機の上部辺りに窓が設けられることが多いです。しかし洗濯機の上部を収納スペースとして利用したかった私は、ここに窓を設けると窓を塞ぎ、明るさの確保も風通しも悪くなってしまうのを避けたのです。天井近くに設けた窓は明るさをしっかりと確保でき、チェーンで開閉できるので風通しもしっかり行えます。

これで洗濯機の上部にしっかり収納スペースを確保できました。そして洗面台と洗濯機の間の隙間もそのままにせず隙間収納を取り入れたので、洗面室で必要なものがきちんと洗面室内に収められています。1坪という限れた空間でも最大限有効活用すれば不便さを感じることなく、使い勝手のいい洗面室となるのです。

洗面室の充実を

水曜日, 5月 6th, 2015

洗面室は家族みんなが手洗いや歯磨き、そしてヘアセットなどを行う場所です。
お風呂の前後も使用しますし、洗濯の家事を行う場所でもあります。
使用頻度は高い空間ですが広さには限りがあります。
洗面室が圧迫感なく使用できる工夫をすると洗面室への満足度を高めることができると思います。

洗面室には収納しておきたいものは意外と多いです。浴室関連用品、洗濯関連用品などに加えタオルなども収納しておきます。
洗面室の使い勝手の良さを考えるのであれば、下着や部屋着などまで収納しておけるようにしておいた方がいいのです。
帰宅して手洗いをし、その場で部屋着に着替えられるようにしておけば、わざわざ自分の部屋へ行き着替えをしなくてもいいので楽です。
また入浴後も洗面室に下着があればスムーズです。
暮らしやすさを向上させるには洗面室の収納はできる限り確保しておいた方がいいでしょう。

洗面化粧台の上にキャビネットを設けたり、洗面化粧台と洗濯機の間のスペースを活用し収納スペースを設けるのもいいと思います。
洗濯機の上のスペースが無駄になっている家庭も多いです。
洗濯機の上部も上手に活用し収納棚を設けたり、キャビネットを設けて収納スペースを増やす工夫をするといいでしょう。
無駄なスペースを極力減らし収納スペースとすることで洗面室への満足度は大きく変わるのです。
生活のしやすさだけでなく、家事のしやすさも感じられることでしょう。
洗面室は生活をするには欠かせない重要な空間です。
家族が気持ちよく生活するためにもこの空間は充実させておきたいものです。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅の話。. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes