Posts Tagged ‘和室’

小上がりの和室

火曜日, 1月 9th, 2018

我が家は、リビングの延長線上に和室を配置しました。建具で仕切らずリビングとの繋がりや一体感を高め、リビングにより広さや開放感をプラスさせると同時に和室をリビングの延長として普段使いしやすい空間が広がっています。

この和室には高さを設けて小上がりにしました。こだわった部分のまず一つ目は、腰掛にちょうどいい高さを設けたことです。中途半端な段差は足をつまずけてしまう原因となってしまいます。腰掛にちょうどいい高さにすることで、家事の合間の休憩スペースとしても最適です。

ちょっと腰を下ろしたいと思ってもリビングのソファは家族が占領していることも多いです。床に座り込んでしまうと次の動作に移りにくく、つい休憩時間が長くなってしまいます。そこで小上がりの和室で腰を下ろすことで、リビングで過ごす家族と同じ時間を過ごせますし、段差があるので立ち上がりもスムーズに行えます。そのままゴロンと体を横にして休憩することもできるのです。

高さにこだわると同時に、和室にカウンターを設けてここで作業しやすい空間にしました。高さを活かしてカウンター下を掘りこたつのように掘り込みました。そうすることでこのカウンターで長時間パソコンを利用しても足がしびれることなく快適に過ごすことができます。子ども達が勉強をする場合も高い集中力を保ちやすいのです。和室の居心地の良さを高めるようにちょっとした工夫を取り入れたいものです。

小上がりの和室

金曜日, 1月 9th, 2015

我が家はリビングの延長上に小上がりの和室を設けたいと思っています。
小上がりの和室にしたい最大の理由は畳の空間がソファー代わりになることです。
フローリングのリビングにはソファーを置きます。
家族が四人もいるとソファーにゆったりと座れないこともあります。そんな時は小上がりにした和室にサッと腰を下ろせ、そのまま和室にゴロンと体を横にさせることもできます。

床に座るのとは違いスムーズに立てるというのが忙しい主婦としては大きな魅力だと思います。
家事の合間にちょっと腰を下ろしたり、体をグーと伸ばしたい時があります。
そんな時小上がりの和室があれば休憩しやすく、また火事への取り掛かりをスムーズに行えるのです。

それだけでなく小上がりにした分その高さを活かして収納スペースを得ることができます。
引き出すタイプの収納を設け奥に収納したものでも取り出しやすくなり、使い勝手のいい収納スペースとなるでしょう。
リビングに収納しておきたい物は意外と多く、それらをきちんと収納できないことで床の上に物が散らかりごちゃごちゃしたリビングとなってしまいます。
小上がりにすることで畳の下のスペースを有効活用でき、物をしっかり片付けられればリビングに物が溢れることもなくなりスッキリとしたリビングを得ることができるのです。
また小上がりの和室にすることで和室を個室という感覚を高めることができます。
リビングの延長上に多目的で使用できる和室があると大変便利です。小上がりにすることでメリットも増えるのでぜひ我が家にはこの小上がりの和室を取り入れたいと思います。

Copyright © 2018 不動産や新築住宅の話。. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes