Posts Tagged ‘中古物件’

中古マンションを購入する際にしっておきたいこと

火曜日, 10月 7th, 2014

先日とあるドキュメンタリー番組で、東京都心では中古マンション市場がにわかに活気づいているというのが紹介されていました。3000万円台の中古マンションや築年数の比較的経っている「ヴィンテージマンション」と言われる物件をスケルトン状態にし、一から間取りを作り直すリノベーションの形で住まいを手にしたいと考えている人が増えているのだと言います。実際に購入を決めた方の多くは30代、40代ですが築25年以上の物件にローンを組んで買う・・・という選択肢をあえて選ぶということはそれなりの覚悟やリスクをきちんと把握しておくことを忘れてはいけないでしょう。

マンションの耐震偽造事件が相次いだことから、建物の構造や安全性などにも興味を持つ方が増えてきつつありますが、基本的には中古マンションやいわゆる「ヴィンテージマンション」というものは既存不適格建築物であるという事を知っておいてほしいものです。
既存不適格建築物と言うのは、現行の建築基準法が施工された段階で既に存在していた建築物や工事中であった建築物のことですが、簡単にいうと「新しく施工された基準には適合していない建築物」である、という意味になります。

これは、単に建築物の安全性だけでなく、容積率が変更されたような場合も含まれています。つまり、今現在の基準には合致していないけれど、当初は「法令に適合していた」ことで、違反ではないけれど「不適合である」という物件だという事になるのです。
気をつけたいのは、あくまでも「不適格」なだけですので現行の法令にのっとって手直しをしろ、という法的な拘束力があるものでは無いという点です。メリット、デメリットを知った上で既存不適格建築物とどのように付き合っていくかをしっかりと考えて契約をするようにしましょう。

中古物件を狙おう

日曜日, 5月 1st, 2011

3月に起きた東日本大震災からもう少しで2ヶ月が経とうとしています。
この間、建材や住宅設備機器の不足により注文住宅や戸建てなどの新築住宅業界に影響を及ぼしていることは周知のことだと思います。
また今後のことを考えると生産が少しづつ安定していったとしても建材や住宅設備機器の価格の上昇が考えられるため
新築で住宅を建てるとしても一棟の建築費用が高くなりますし、
消費税率の引き上げや住宅ローンの上昇すれば新築でのマイホーム取得は難しくなることが懸念されます。
工務店の集客方法も変わってくるでしょう。
しかしそれでもマイホームを持ちたいという夢は止められないと思います。
新築が難しいという方に関してはこれからは中古住宅や中古マンションなどの不動産物件を探すことが主流になるかもしれません。
中古住宅や中古マンションなどの不動産物件はもう既に建っていること事を考えれば、新築のように土地を探す手間もないですし、
建材や住宅設備機器の不足を心配することもありません。
仮に建材などの不足を心配するのであればリフォームを伴う中古住宅の購入の場合だと思います。
しかしリフォームも程度の良い中古住宅を見つければ必要がなかったり、最小限の部分で済ませることもあるので状態の良い不動産物件を探すことがキーポイントです。
他にも建材はアウトレットネットショップなどで在庫があったりすることもあるのでこまめにチェックしてみるのもいいかもしれません。
今はまだ大きな動きがみられませんが少しづつ中古物件市場が動き出すことを考えると
できるだけ早いうちに多くの不動産物件を見て回り、お買い得で納得できる不動産物件を探すようにしましょう。
みなが動き出してからでは競争率が高くなるので今のうちが勝負でしょう。

不動産物件の希望条件や探し方

木曜日, 2月 3rd, 2011

今回は不動産物件の中から中古住宅や中古マンションなどの不動産物件を探すことについて話をしようと思います。
中古住宅や中古マンションを探す場合にどのような希望条件を考えてに探すのでしょうか。
不動産物件の売買金額が一番に考えるかもしれませんがその他にもや築年数や外観・内装の状況、付帯する住宅設備など様々な事を物件の希望条件に挙げて物件を探すことだと思います。
また不動産中古物件を購入する場合はリフォームやリノベーションも考えての購入になることだろうと思います。
中古物件の購入の場合、リフォームを行う場合に特に洗面台やお風呂・キッチンの入れ替え率が高く、その他にもクロスや壁紙の張り替え、給湯器、エアコンなどの設備の入れ替えなども必要な場合があります。
物件の状況と売買の金額を照らし合せて考える必要があります。
また不動産物件そのもの以外にも考えなければいけないのはその不動産物件の周辺環境です。
不動産物件だけでなく新築を建てるうえでも大切になるのが周辺の環境やその立地です。
不動産売買の金額も物件の間取りなどの住環境が納得できたり満足できる状態だとしても住む上での周辺状況や立地が悪ければせっかくマイホームを手に入れたとしても残念な結果になってしまいます。
中古住宅や中古マンションなどの不動産物件や注文住宅や一戸建ての新築を建てるための土地を探す場合は
必ず周辺を自分自身で歩いてみたりして住み続けるのに不便がないかなど確認しましょう。
私の友人も熊本で住宅を建てる土地を探すためにいくつもの土地を見て回って確認を何度も行ったようです。
不動産物件を探す上で希望条件にどの様な生活環境が良いのかなども盛り込むようにしましょう。

中古物件のリフォームやリノベーション

木曜日, 1月 27th, 2011

中古住宅や中古マンションなどの不動産物件の中からマイホームを手に入れることを考えた時に新築と大きく違うのは物件の購入後にリフォームが必要になるということです。
中古の物件の中には築年数が浅かったり、建て物の状態が非常に良い物件もありますがそういった物件を見つけるのも稀な事でしょう。
中古不動産物件の状態が良い場合には簡単なクロスの張り替えなどのメンテナンスで済みますが、大他の築年数の古い不動産物件ではどこかしらリフォームで手をいれなければいけなかったり大規模なリノベーションが必要な不動産物件が多いことだと思います。
リフォームやリノベーションが必要な不動産物件の購入を考える場合には物件の価格も気になる所ですが物件の価格以外にも物件取得に必要な費用とリフォームやリノベーションにかかる工事金額をトータルの金額を考えておかなければいけません。
またリフォームやリノベーションを頼む工事業者や工務店も探しておかなければいけません。
最近の不動産会社でもリフォームやリノベーションも物件の売買と同時に請け負う会社も増えてきているようです。
私がお付き合いのある大分の不動産会社でも同様に中古住宅+リフォームというお客様への提案を取り組んでいるようです。
物件の購入とリフォームやリノベーションの話を同時に進められると物件の契約が済んで引き渡し後すぐに工事に取り掛かることもでき、物件への入居も早くなることでしょう。
埼玉で注文住宅を建てようと考えていた親友も中古住宅のリフォームやリノベーションの現状を知って
埼玉でのマイホーム取得の一つの選択肢として中古住宅も考えるようになったそうです。
今後の中古住宅市場ではリフォームやリノベーション済みの物件も多くなることでしょうし、新築を建てられない方がマイホームの取得を考えるときにもリフォームやリノベーションの提案が一つのポイントになることでしょう。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅の話。. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes