洗面室の一般的な広さは1坪と言われていました。
しかし、最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられるようになってきました。
洗面・脱衣・洗濯と多目的に使用される洗面室は広さに余裕があると利用のしやすさも高まります。
しかし、1坪という限られた広さでも工夫をすることで利用しやすく、必要な物をきちんと収められることができるのです。
まず、デッドスペースが生まれないように扉は引き戸にします。
これなら開けっ放しでも扉が邪魔に感じることもないですし、扉の開閉時にデッドスペースが生まれません。
そして、窓を天井部分の高い位置に設けるのです。
このようにすることで壁面を確保でき空間を有効活用しやすくなりますし、物で窓をふさぐこともないのです。
横長の窓で、チェーンで開閉できるようにしておくのです。
そうすれば明るさをしっかりと確保できるだけでなく、風の確保もできるのです。
この窓の下に洗面化粧台と洗濯機を配置します。
これらを設置すると間に30㎝ほどの隙間が生まれます。
この隙間をそのままにするのではなく、洗面化粧台と同じ奥行と高さの隙間収納を設けます。
タオル類だけでなくお化粧道具やヘアアイロン、洗濯用洗剤や歯磨き粉などのストックなど意外とたくさん収納しておくことができるのです。
そして、洗濯機の上部のデッドスペースを利用して可動オープン棚を設けます。
ここには家族の下着やパジャマを収納しておくのです。
そして、入浴時にはタオルや着替えを一時置きするカウンターがあると便利です。
そこで開閉時のカウンターを設け、使わない時は壁にスッキリと収められるようにするのです。
これで1坪でも狭さを感じにくく、利用しやすい空間が広がるのです。