洗濯は毎日行う家事の一つです。洗濯は家事の中でも体力がいる家事でもあるのです。洗濯を行った洗濯物は、水を含み重さを増します。それを抱えて洗濯物干し場まで移動しなければなりません。妊娠時や高齢になり足腰が弱ってきた時でも体に負担がかかりにくようにしておきたいものです。

洗濯機からより近い場所に洗濯物干し場に設けておくといいのです。一番動線をコンパクトにできるのが、洗濯機のある洗面室に勝手口を設け、その先に洗濯物干し場を設けておくことです。これならほとんど移動しなくていいので、重たい洗濯物を抱える手間が省けます。家事と育児の両面に配慮するなら、リビングの先に洗濯物干し場を設けておくのもいいでしょう。

我が家がまさにこれです。リビングの先に設けたウッドデッキに洗濯物干し場を設けています。リビングで過ごす子ども達の様子を確認しながら洗濯物を干せるため家事と育児の両立がしやすいのです。一番避けたいのが、一階の洗面室で洗濯を行い、二階のバルコニーで干すという動線です。動線が長くなるだけでなく、途中に階段を挟むため体に大きな負担がかかるのです。

動線に配慮しながら洗濯物干し場を設けると同時に、悪天候時や夜洗濯を行った場合、花粉が多く飛来する時でも洗濯物干し場に困らないように室内干しを設けておくことも大切です。これは、屋外用の洗濯物干し場と隣接させて設けておくと、サッと洗濯物を取りこみ、室内干しに一時置きでき衣類にシワが入らずに済みますし、急な雨の時でもサッと洗濯物を移動できるのです。動線を考えながら洗濯物干し場を設けましょう。