我が家の子ども部屋は個室を設けておくのではなく、広々10帖のワンルーム子ども部屋を設けました。我が家の子ども達はまだ小さく、それぞれの個室を設けても利用する機会はほとんどありません。それよりも子どもの成長に合わせて子ども部屋を有効的に利用できるようにワンルームの子ども部屋を設けたのです。

幼少期は、おもちゃを広げてゆったりと遊べるスペースが求められます。また、お友達が遊びに来た時も走り回って遊べるスペースがあると助かります。ワンルームの子ども部屋はそれが実現できます。中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を求めるようになります。その時、このワンルームを二つの個室に分けるのです。個室にした時は一部屋5帖の広さになるため、狭さや圧迫感を感じないように勾配天井にしました。

天井が高いことで個室に区切った時も閉鎖的な印象を得ることはありません。そしてこの天井高を活かしてロフト収納を設けました。子どもの成長とともに物は増えていきます。空間は個室になることで狭くなるのに対して物は増えていくこの矛盾を解消するために設けた収納スペースです。物がきちんと片づけられることで必要最低限の快適性を得られ、勉強への集中力も、ゆったりと休息することもできるのです。

将来的に二つの部屋に区切ることを想定して、ドア、窓、照明、コンセントなどは予め二部屋分設けておくと大掛かりなリフォームをすることなく部屋を区切ることができるのです。子どもの成長にピッタリの空間造りを行うようにしましょう。