Archive for 10月, 2017

リビングの壁面収納

月曜日, 10月 30th, 2017

新築時に検討される事が多い、壁面収納を考えましょう。
壁面収納にすると、空間が無駄にならず、確実に収納量は増え、部屋が広く感じられますが、圧迫感が出る事もあり、絵などは飾れなくなり、一度設置したら何十年も使うことになるので、慎重な検討が必要です。とはいえ、いくつも収納家具を床に置くことに比べれば、メリットが大きいでしょう。

まず壁面収納を設置する壁を決め、サイズを測ります。リビングに置くものを分類し、壁面収納に何をどれだけ入れるかを決定します。壁面収納に入れるものには、本・書類、文具、家事用品、AV機器、日用品などがあり、分類ごとに必要な棚や引き出しの数とサイズ、取り出しやすい位置などを決めてオーダーします。入れる物によって家具の大きさや形、空間の仕切り方、引き出しの数などが変わり、費用も変わってきます。

★AV機器・・・テレビの幅は1200から1500mm必要で、高さはテレビのセンターよりソファーに座った目線が上になる500mm以下です。テレビの下にはAV機器とゲーム機、DVDやCDを収納する棚や引き出し(深さ150から160mm)が必要です。
★本・書類・・・本や漫画、雑誌、子どもが学校からもらってくるお知らせ、取扱説明書や領収書などは、扉を付けるかオープンにするのかを決めます。
★日用品・文具類・・・日用品は引き出しに入れるのか、カゴで収納するのかなどによって設計が変わり、引き出しが多いと費用が上がります。文具は引き出しが使いやすいですが、深さは100~150mmが良いです。
★家事用品・・・掃除機やモップ、アイロンにアイロン台、ミシンや裁縫道具などは、高さ1200mm以上で可動棚をつけます。

Copyright © 2018 不動産や新築住宅の話。. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes