Archive for 4月, 2015

住宅の顔

木曜日, 4月 2nd, 2015

住宅の顔と言えば玄関です。
この空間は家族が毎日行き来する場所でもありますが、家に遊びに来たお客様から近所の人、見ず知らずの宅急便の人まで足を踏み入れる空間でもあります。
それだけにスッキリとさせオシャレで早く家の中に入りたくなるようないい第一印象を持ってもらいたいものです。

玄関をスッキリとさせるためには玄関の横に収納力のあるシューズクロークを設けるのが一番です。最近では玄関スペースに大きな靴箱を設けるというよりは玄関横のシューズクロークに力を入れる人が増えてきました。

我が家の新築住宅はシューズクロークからも室内への出入りができるようにしました。
そうすることでシューズクローク側は家族用の玄関として活用するのです。
メインの玄関はお客様用と分けることでいつもメインの玄関はキレイでスッキリとさせることができます。

住宅の顔である部分に家族が脱ぎ散らかした靴があれば気分のいいものではありません。収納力のない靴箱があっても家族は出し入れしにくく、結局片付けるのは主婦の仕事となってしまうのです。
これを避けるためにも収納力のあるシューズクロークを設けるのです。
天井にまで広がるオープン棚に靴を大容量に収納でき、子どもでも出し入れしやすいようにしておくことで、自分の靴は自分で管理できるようになると思います。
そのまま家に入れるような動線を確保しておくことで家族がより暮らしやすさを感じられるはずです。

シューズクロークには靴や傘を収納しておくのではなく、旦那さんの趣味であるゴルフ用品や子どものスポーツ用品、ベビーカーなどまでしっかり収納できるスペースを確保し、より玄関スペースの快適できれいな空間にしたいと思っています。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅の話。. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes