Archive for 1月, 2013

田舎の広い土地で同居

金曜日, 1月 11th, 2013

  アパート住まいのAさんと言ってもお父さん所有のアパートにお父さんと同居しているのです。このアパートは8世帯の3DKでローンは終っていて満室という理想の状況でして生活に余裕のあるAさん親子なのです。

Aさんは最近結婚が決まりお父さんとの同居も承諾してくれた婚約者ですがまさかこのアパートで同居という訳には行きません。

少し前から大分で不動産探しをしておりましたが気に入る土地を見つけました。

アパートは市街地の住宅街にありますが見つけた土地はちょっと離れた農地で家はところどころに点在している田舎と言って良い地域です。

婚約者は菜園をしたり花を育てたりするのが好きなので賛成してくれています、まぁ店もない不便と言えば不便な地域ですが地価が町の中心地の三分の一から四分の一なのであれもこれもと贅沢は言えません。

土地は150坪と大きいのですが約半分が市街化調整区域に入っているのでびっくりするくらいの破格で購入出来そうなのです。

計画では建物は鉄骨を使った在来工法にしようと考えていて出来るだけ間伐材と端材そして古民家などの解体で出た梁や柱をリメークして使用したいと考えているそうなのです。

間取りは1階が2LDKで一部屋はお父さん用でもう一部屋は客間とします、2階は大きめの三部屋か四部屋とします。

外構工事はAさんが自分でする予定で綺麗な菜園と門扉と塀など造るそうですがアパートにブロック塀を造ったり、アコーデオン式の門扉を造りコンクリートをうったりした経験がありますしそもそもDIYが趣味のAさんなのです。

いよいよ土地の購入&建築屋さんに相談するAさんです。

 さて皆さん、Aさんのところに入る折込みの広告に市街化調整区域と市街化区域の狭間の土地なんていう物件がたまに入りますがはっきり言って破格の場合が多いのですがこんな物件はいかがでしょうか?

Copyright © 2017 不動産や新築住宅の話。. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes