Archive for 9月, 2010

不動産業へ新規参入

土曜日, 9月 25th, 2010

家電量販最大手のヤマダ電機が中古住宅事業に本格参入する方針を明らかにしましたよね。
仕入れた中古住宅を給湯やコンロ暖房などをすべて電気でまかなうオール電化にリフォームして割安な価格でオール電化中古住宅として販売するとのことですね。
家電量販大手が中古住宅市場に本格参入するのは初めてのことなので住宅・不動産市場の活性化が期待されます。
オール電化住宅は光熱費の引き下げ効果が見込め、火を使わない安全性と安心感から、高齢者や子どもがいる世帯を中心に人気があります。
ヤマダ電機は仕入れた中古住宅にIHクッキングヒーターや最新の給湯システム、防犯キーシステムなども設置すると言われています。
オール電化にするためには100万円弱の費用がかかる所ですがヤマダ電機はほとんど上乗せせずに販売する予定とのことですね。
また住宅の購入時には大半の方がテレビや冷蔵庫などの大型家電も買うケースが多く、中古住宅販売と家電販売の相乗効果を狙っての参入だとも言えます。
ヤマダ電機は各地域の金融機関と提携して競売住宅など安価な物件を仕入れて不動産会社などの仲介はなしで消費者に直接販売する方針ということなので既存の不動産会社にとっては脅威の存在になることは間違いないでしょう。
全国各地に支店を持つ家電グループがこの様に住宅・不動産市場に参入することで今後の業界の流れも変わってくるのかもしれませんね。
ただ住み始めてからのアフターフォローや住宅そのもののトラブルの際にどの様な対応になるかが注目すべきだと思います。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅の話。. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes