我が家の新築住宅には横一直線の家事動線を重視した間取りにしました。家事はキッチンを中心に行います。そのキッチンの真横にダイニングを配置しました。キッチンの真横にダイニングを配置することで、一日三度の食事の支度がスムーズに行えるようになります。配膳をする際も動線が短く、横移動なので行き来がしやすいのです。キッチンの真横にダイニングを配置することで家族にとってもキッチンの存在がより身近に感じられると思います。

配膳の支度や、食後のお皿を下げたり今までよりも積極的にお手伝いをしてくれるようになることを期待しています。またダイニングテーブルを活用し、親子でクッキングするものいいと思います。お鍋を一時置きしたり作業スペースとして活用しやすく料理の効率を高められることでしょう。

またダイニングと反対側には洗面室を設置しました。こちらもキッチンから横一直線の動線に配置したので、行き来がしやすく動線も短いです。キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を行うということも多いです。家事動線を考える上でキッチンと洗面室は非常に重要なだけに動線をしっかり考えて配置する必要があるのです。

キッチンを中心に洗面室とダイニングを直線で結んだ間取りは、家事が効率よく行える女性が暮らしやすい家になると思います。間取りはその後の暮らしに大きく影響してくるだけに、しっかり動線を意識して配置を決めましょう。家事へのストレスを少しでも軽減できる家はこれらかますます求められるのではないでしょうか。

二階建て住宅には欠かすことのできない階段。この階段を設ける位置によって暮らしが大きく変わってくると思います。以前は玄関の近くに階段を設けるのが主流でした。しかし最近ではリビングに階段を設けるリビング階段というのが人気を高めています。

リビング階段の最大の魅力は家族が顔を合わせる機会が増えるということです。家族が顔を合わせることで自然とコミュニケーションを取る機会も増えます。家族の繋がりを大切にすることができるのです。子ども達が小さい間はリビングで家族一緒に過ごす時間が当たり前なのですが、成長してくると自分の部屋で自分の時間を過ごす時間も増えてきます。

思春期になると親と会話とすることも、顔を合わせるのも嫌がるということもあるでしょう。このような時でもリビング階段にしておけば、家族のいるリビング必ず通らなければ二階の自分の部屋へ行くことはできません。自然と家族が顔を合わせることができ、親は子どもの変化にも気づいてあげられやすくなるのです。リビング階段でなければ、子どもがいつ帰宅していつ外出したか分からないという日も出てくるかもしれません。このようになってしまうと子どもの変化に気づきにくく、親子関係も悪化してくる可能性もあります。実際にリビング階段にすることで子どもの犯罪率を下げることにも繋がっているというデータが出ているほどです。

リビング階段にすることで、二階の冷気がリビングに流れ込み寒いという話を聞きます。それは住宅の断熱性が低いことで引きおこってしまうのです。住宅の断熱性が高いとリビング階段にしても冷気の流れ込みを気にすることはありませんし、冷暖房の効率も気にしなくていいのです。リビング階段で家族の関係を良好に保ちたいものです。

私は親戚宅に設けられたニッチを見て、我が家にもぜひこのニッチを取り入れたいと思いました。ニッチは飾り棚としてだけでなく、ちょっとした収納スペースとしても有効なのです。

我が家はキッチンに造作キッチンを設けます。最近ではフルオープンスタイルのキッチンが人気ですが、私はキッチンがダイニングやリビングから丸見えの状態になることに抵抗を感じたので、手元がしっかり隠せるように造作カウンターを設けます。ただの壁にしてしまってはデザイン性にも機能性にも欠けます。
まずキッチン側には調味料入れのニッチを造ります。作業スペースに調味料を並べている光景もよく見かけるのですが、作業スペースをより広く、有効活用させたかったので調味料入れのニッチを設けました。

そしてダイニング側にはダイニングのアクセントになるように飾り棚としてのニッチを設けました。その飾り棚としてのニッチの下には小物を収納できる収納スペースにしました。調味料入れのニッチと飾り棚としてのニッチにはモザイクタイルを敷き詰めデザイン性を高めました、目に入る部分にはこのような細部にまでこだわりたいものです。

そして収納スペースのニッチの前には物が隠せるように扉を設けました。爪切りやペンやメモ用紙などリビングで使用する生活感を感じやすい小物をスッキリと収納する予定です。ニッチを取り入れることで空間のアクセントに、また空間を有効活用できるように収納スペースとできるのでこれから益々取り入れる人が増えそうです。

洗面室は家族みんなが手洗いや歯磨き、そしてヘアセットなどを行う場所です。
お風呂の前後も使用しますし、洗濯の家事を行う場所でもあります。
使用頻度は高い空間ですが広さには限りがあります。
洗面室が圧迫感なく使用できる工夫をすると洗面室への満足度を高めることができると思います。

洗面室には収納しておきたいものは意外と多いです。浴室関連用品、洗濯関連用品などに加えタオルなども収納しておきます。
洗面室の使い勝手の良さを考えるのであれば、下着や部屋着などまで収納しておけるようにしておいた方がいいのです。
帰宅して手洗いをし、その場で部屋着に着替えられるようにしておけば、わざわざ自分の部屋へ行き着替えをしなくてもいいので楽です。
また入浴後も洗面室に下着があればスムーズです。
暮らしやすさを向上させるには洗面室の収納はできる限り確保しておいた方がいいでしょう。

洗面化粧台の上にキャビネットを設けたり、洗面化粧台と洗濯機の間のスペースを活用し収納スペースを設けるのもいいと思います。
洗濯機の上のスペースが無駄になっている家庭も多いです。
洗濯機の上部も上手に活用し収納棚を設けたり、キャビネットを設けて収納スペースを増やす工夫をするといいでしょう。
無駄なスペースを極力減らし収納スペースとすることで洗面室への満足度は大きく変わるのです。
生活のしやすさだけでなく、家事のしやすさも感じられることでしょう。
洗面室は生活をするには欠かせない重要な空間です。
家族が気持ちよく生活するためにもこの空間は充実させておきたいものです。

住宅の顔と言えば玄関です。
この空間は家族が毎日行き来する場所でもありますが、家に遊びに来たお客様から近所の人、見ず知らずの宅急便の人まで足を踏み入れる空間でもあります。
それだけにスッキリとさせオシャレで早く家の中に入りたくなるようないい第一印象を持ってもらいたいものです。

玄関をスッキリとさせるためには玄関の横に収納力のあるシューズクロークを設けるのが一番です。最近では玄関スペースに大きな靴箱を設けるというよりは玄関横のシューズクロークに力を入れる人が増えてきました。

我が家の新築住宅はシューズクロークからも室内への出入りができるようにしました。
そうすることでシューズクローク側は家族用の玄関として活用するのです。
メインの玄関はお客様用と分けることでいつもメインの玄関はキレイでスッキリとさせることができます。

住宅の顔である部分に家族が脱ぎ散らかした靴があれば気分のいいものではありません。収納力のない靴箱があっても家族は出し入れしにくく、結局片付けるのは主婦の仕事となってしまうのです。
これを避けるためにも収納力のあるシューズクロークを設けるのです。
天井にまで広がるオープン棚に靴を大容量に収納でき、子どもでも出し入れしやすいようにしておくことで、自分の靴は自分で管理できるようになると思います。
そのまま家に入れるような動線を確保しておくことで家族がより暮らしやすさを感じられるはずです。

シューズクロークには靴や傘を収納しておくのではなく、旦那さんの趣味であるゴルフ用品や子どものスポーツ用品、ベビーカーなどまでしっかり収納できるスペースを確保し、より玄関スペースの快適できれいな空間にしたいと思っています。

終の棲家として平屋住宅を求める人は多いです。
その理由として平屋住宅はどの部屋への移動にも階段を必要としないからだと思います。住宅内に階段がないことで安全性の高い家になるのです。

住宅内の事故で多いのは階段の転倒や落下です。
足腰の弱ってくる高齢者にとって階段の上り下りは体に大きな負担を与えます。
階段がないというだけで安全性が高まり暮らしやすい家に繋がるのです。
そして各部屋への移動がコンパクトに行えるのも暮らしやすさに繋がるのではないでしょうか。動線が短く部屋から部屋への移動がスムーズに行えるので便利さを感じるのです。

またそれぞれが別の部屋で過ごしていても家族の存在を身近に感じられるので安心感があります。平屋住宅は高齢者だけに好まれるというわけではないと思います。
小さい子どものいる家庭でも平屋住宅は人気です。
動き始めた子どもは階段に興味を示します。親は危なっかしくて見ていられません。
子どもの世話ばかりしていれば家事ができません。
安全性の高い平屋住宅は子育て世代にとっても暮らしやすい家なのです。

また庭の存在を身近に感じられるのも平屋住宅の魅力の一つです。
室内と庭をより身近に感じることで庭をいつまでも大切にしようと感じるものです。
子どもを遊ばせていても目が届きやすいのでいいですね。

一つ気を付けておきたいのが防犯面です。夏場は窓を開けて寝ることはできません。
セキュリティー対策をしっかり行い小さい子どもいる家庭から終の棲家として考える世代まで安心で暮らしやすさを実感できる平屋住宅を手に入れたいものです。

我が家にはまだ小さい子どもが二人います。専業主婦の私は毎日がアッという間に過ぎていきます。
そんな我が家も新築住宅を建てることになりました。
女性の私から見て家造りをする際には子育てしやすい家であってほしいなと思います。

キッチンで家事をしながら、きちんと子どもの様子が確認できるようにすることは大変重要です。キッチンとダイニング・リビングはより一体感を高めることで子どもがどこに居てもキッチンから目が届く環境にしておきたいものです。
そうすることで家事の手を止めることなく、スムーズに家事が行えます。

そして和室はリビングの一角に設けることで多目的に使用でき便利です。
和室を子どもの遊び場として活用するのもいいですし、昼寝をした時に寝せる場所としても最適です。

また子ども部屋のあり方もしっかり考えておく必要があります。
二階に子どもそれぞれに個室を予め設けておくのもいいですが、個室として使い始めるまでには数年もかかります。
そのことを考えるとしばらくはワンルームの広々空間を造っておくことで、二階にも子どもがノビノビと遊べる空間ができるのです。
子どもの友達が遊びに来ても圧迫感なく遊べる空間があると便利です。

またリビングを吹き抜けにして一階と二階で会話ができる家にするのもいいなと思っています。家の中で家族がバラバラに居ても吹き抜けを通して会話が行いやすい環境にしておくことで家族の繋がりを感じられると思います。
子育てしやすい家にすることで家族とのコミュニケーションを大切にする家となり、また家事もスムーズに行える家になるのではないかと思います。

我が家はリビングの延長上に小上がりの和室を設けたいと思っています。
小上がりの和室にしたい最大の理由は畳の空間がソファー代わりになることです。
フローリングのリビングにはソファーを置きます。
家族が四人もいるとソファーにゆったりと座れないこともあります。そんな時は小上がりにした和室にサッと腰を下ろせ、そのまま和室にゴロンと体を横にさせることもできます。

床に座るのとは違いスムーズに立てるというのが忙しい主婦としては大きな魅力だと思います。
家事の合間にちょっと腰を下ろしたり、体をグーと伸ばしたい時があります。
そんな時小上がりの和室があれば休憩しやすく、また火事への取り掛かりをスムーズに行えるのです。

それだけでなく小上がりにした分その高さを活かして収納スペースを得ることができます。
引き出すタイプの収納を設け奥に収納したものでも取り出しやすくなり、使い勝手のいい収納スペースとなるでしょう。
リビングに収納しておきたい物は意外と多く、それらをきちんと収納できないことで床の上に物が散らかりごちゃごちゃしたリビングとなってしまいます。
小上がりにすることで畳の下のスペースを有効活用でき、物をしっかり片付けられればリビングに物が溢れることもなくなりスッキリとしたリビングを得ることができるのです。
また小上がりの和室にすることで和室を個室という感覚を高めることができます。
リビングの延長上に多目的で使用できる和室があると大変便利です。小上がりにすることでメリットも増えるのでぜひ我が家にはこの小上がりの和室を取り入れたいと思います。

私は家造りの際には家事動線を重視して間取りを決めたいと思っています。
女性の多くはキッチンを中心に家事を行います。
そしてキッチンと脱衣所を行き来することも多いです。
この動線をいかに短く行き来しやすいようにするかが住宅の中で大変重要になってくると思います。

そこで私はキッチンの裏に脱衣所を設けてそこを回遊型にしようと考えています。
キッチン裏に脱衣所を設けることで動線は短いのです。
回遊型にすることで行き来をよりスムーズにしてくれるのです。
また忙しい朝の時間帯では洗面所は混み合います。
洗面所で身支度をする人もいれば洗濯機で家事をする人もいます。
廊下の行き来で家族がぶつかり合いスムーズに移動ができなければ次第にイライラしてストレスに感じてしまうものです。
忙しい時間帯でもスムーズに行き来できるようにするためには回遊型がベストだと思います。

また回遊型にすることで子ども達はとっても楽しい家だと感じるのです。
出入り口が多いと部屋から部屋への移動がしやすくなるという大きな魅力がありますが、その分扉を設けたり、空間を通路へと占領させるというデメリットもあります。
自分の家の間取りに回遊型が本当に適しているかどうかをきちんと見分けることも大切です。
家事をしやすく、また子ども達の遊び心をくすぐるような回遊型プランを私は積極的にマイホーム造りに取り上げたいなと思っています。
キッチンと洗面所ではなくリビングを中心に回遊型にするのも各部屋へ行きやすくなり楽しい家になると思います。

先日とあるドキュメンタリー番組で、東京都心では中古マンション市場がにわかに活気づいているというのが紹介されていました。3000万円台の中古マンションや築年数の比較的経っている「ヴィンテージマンション」と言われる物件をスケルトン状態にし、一から間取りを作り直すリノベーションの形で住まいを手にしたいと考えている人が増えているのだと言います。実際に購入を決めた方の多くは30代、40代ですが築25年以上の物件にローンを組んで買う・・・という選択肢をあえて選ぶということはそれなりの覚悟やリスクをきちんと把握しておくことを忘れてはいけないでしょう。

マンションの耐震偽造事件が相次いだことから、建物の構造や安全性などにも興味を持つ方が増えてきつつありますが、基本的には中古マンションやいわゆる「ヴィンテージマンション」というものは既存不適格建築物であるという事を知っておいてほしいものです。
既存不適格建築物と言うのは、現行の建築基準法が施工された段階で既に存在していた建築物や工事中であった建築物のことですが、簡単にいうと「新しく施工された基準には適合していない建築物」である、という意味になります。

これは、単に建築物の安全性だけでなく、容積率が変更されたような場合も含まれています。つまり、今現在の基準には合致していないけれど、当初は「法令に適合していた」ことで、違反ではないけれど「不適合である」という物件だという事になるのです。
気をつけたいのは、あくまでも「不適格」なだけですので現行の法令にのっとって手直しをしろ、という法的な拘束力があるものでは無いという点です。メリット、デメリットを知った上で既存不適格建築物とどのように付き合っていくかをしっかりと考えて契約をするようにしましょう。

Copyright © 2015 不動産や新築住宅の話。. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes